アラミドシート床版補強工法


アラミドシート床版補強工法とは

アラミドシートを床版支間方向および床版支間直角方向に配置し、樹脂を含浸させながら貼付けて、アラミド繊維強化プラスチック層(AFRP)を形成することにより、床版を補強する工法です。


アラミドシート床版補強工法の種類

アラミドシート床版補強工法
アラミド一方向シートを、床版支間方向および床版支間直角方向に各々配置する一般的な補強工法です。


二方向アラミドシート床版補強工法
アラミド二方向シートを床版下面に貼り付ける補強工法です。二方向アラミドシート工法研究会が開発しました。


アラミドシート床版格子貼り補強工法
アラミド一方向シートを、床版下面に隙間をあけて格子状に配置する補強工法です。

アラミドシート床版補強工法の特徴


二方向アラミドシート床版補強工法の特徴


アラミドシート床版格子貼り補強工法の特徴


使用するアラミドシート

仕様

一方向シート
品番 目付
g/m²
保証耐力
kN/m (tf/m)
設計厚
mm
引張強度
N/mm²
ヤング係数
kN/mm²
AK-40 280 392 (40) 0.193 2,060 118
AK-60 415 588 (60) 0.286
AK-90 623 882 (90) 0.430
AK-120 830 1176 (120) 0.572

幅:10cm, 30cm, 50cm 出荷単位:1ロール50m
注)AK-60の標準幅は10cm, 50cmです

ニ方向シート
品番 目付
g/m²
保証耐力
kN/m (tf/m)
設計厚
mm
引張強度
N/mm²
ヤング係数
kN/mm²
AK-10/10 180 98/98 (10/10) 0.048 2,060 118
AK-20/20 325 196/196 (20/20) 0.096
AK-40/40 650 392/392 (40/40) 0.193
AK-50/50 870 490/490 (50/50) 0.240

幅:1m 出荷単位:AK-10/10, AK-20/20: 1ロール50m AK-40/40, AK-50/50: 1ロール25m
Copyright (C) 2016 Fibex Co. All rights reserved.