A&P耐震補強工法


A&P耐震補強工法とは

A&P耐震補強工法は、柱のせん断補強区間にアラミドシートを用い、じん性補強区間に高伸度繊維シートを用いる耐震補強工法です。
高伸度繊維シートは、ポリエチレンテレフタレート(PET)とポリエチレンナフタレート(PEN)の二種類があり、アラミドシートの4~6倍の伸度を持つため、じん性補強区間に適用します。


A&P耐震補強工法の特徴


■強度伸度曲線(X軸:%、Y軸:N/mm²)


A&P耐震補強工法に用いるシート

仕様

アラミドシート
品番 目付
g/m²
保証耐力
kN/m
設計厚
mm
引張強度
N/mm²
ヤング係数
kN/mm²
破断伸度
%
AK-400 280 400 0.193 2,100 118±15 1.8
AK-600 415 600 0.286
AK-900 623 900 0.430
AK-1200 830 1200 0.572

幅:10cm, 30cm, 50cm 出荷単位:1ロール50m

高伸度シート/ポリエチレンテレフタレート(PET)シート
品番 目付
g/m²
保証耐力
kN/m
設計厚
mm
引張強度
N/mm²
ヤング係数
kN/mm²
破断伸度
%
PET-600 1250 600 0.906 740 10±1 7%以上

幅:15cm, 30cm 出荷単位:1ロール50m

高伸度シート/ポリエチレンナフタレート(PEN)シート
品番 目付
g/m²
保証耐力
kN/m
設計厚
mm
引張強度
N/mm²
ヤング係数
kN/mm²
破断伸度
%
PEN-600 1154 600 0.848 790 15±2 5%以上

幅:15cm, 30cm 出荷単位:1ロール50m

Copyright (C) 2016 Fibex Co. All rights reserved.