アラミドシート木構造補強工法


アラミドシート木構造補強工法とは

アラミド繊維を織り上げたシートを、樹脂を含浸させながら木構造の柱、梁および接合部に貼り付けて、アラミド繊維強化プラスチック層(AFRP)を形成する補強工法です。


アラミドシート木構造補強工法の特徴

アラミドシート木構造補強工法の性能確認

アラミドシート木構造補強工法は、対象とする木構造ごとに、補強効果を確認するために、載荷試験が実施されています。

使用するアラミドシート

仕様

一方向シート

品番 目付
g/m²
保証耐力
kN/m (tf/m)
設計厚
mm
引張強度
N/mm²
ヤング係数
kN/mm²
AK-40 280 392 (40) 0.193 2,060 118
AK-60 415 588 (60) 0.286
AK-90 623 882 (90) 0.430
AK-120 830 1176 (120) 0.572

幅:10cm, 30cm, 50cm 出荷単位:1ロール50m
注)AK-60の標準幅は10cm, 50cmです

帯シート
品番 目付
g/m²
保証耐力
kN/m (tf/m)
設計厚
mm
引張強度
N/mm²
ヤング係数
kN/mm²
AK-40 280 392(40) 0.193 2,060 118
AK-60 415 588(60) 0.286
AK-90 623 882(90) 0.430
AK-120 830 1176(120) 0.572
AK-180 1,245 1764(180) 0.859
AK-240 1,660 2352(240) 1,145

幅:5cm 長さ:1ロール50m
注)AK-180、AK-240は受注生産です。納期についてはご相談ください。
Copyright (C) 2016 Fibex Co. All rights reserved.