アラミドメッシュ剥落(はく落)防止工法


アラミドメッシュ剥落(はく落)防止工法とは

アラミドメッシュ剥落(はく落)防止工法 とはアラミドメッシュを、樹脂を含浸させながらコンクリート構造物やトンネル覆工コンクリートに貼り付けて、アラミド繊維強化プラスチック層(AFRP)を形成することにより、劣化したコンクリートの剥落を防止する工法です。


アラミドメッシュ剥落(はく落)防止工法の特徴



アラミドメッシュ・トンネル剥落防止工法

アラミドメッシュを、トンネル覆工コンクリートに貼り付けて、覆工コンクリートの剥落(はく落)を防止することができます。アラミドメッシュ・トンネル剥落防止工法(AKM-5/5)は、高速道路総合技術研究所(NEXCO総研)「トンネル施工管理要領(平成27年7月)の覆工のはく落対策における無筋区間の規定値」を満足しています。


使用するアラミドメッシュ

仕様

品番 目付
g/m²
保証耐力
kN/m (tf/m)
設計厚
mm
引張強度
N/mm²
ヤング係数
N/mm²
AKM-5/5 90 49/49 (5/5) 0.024 2,060 118,000
AKM-10/10 180 98/98 (10/10) 0.048

幅:1m 出荷単位:1ロール50m
Copyright (C) Fibex Co. All rights reserved.